【ライブ配信】【10/25(日)14時~】『ゆうやけ子どもクラブ!』井手洋子監督トークイベント!

2020年10月22日  NEW

『ゆうやけ子どもクラブ!』上映関連企画 
 シアター・シエマ×〇〇な障がい者の会×さがすたいるプレゼンツ 

 井手洋子監督トークイベント 
 ~いろとりどりの笑顔の花咲く 共生社会をめざして~

【イベント概要】
 東京都小平市にある、障がいのある子どもたちの放課後活動の場所「ゆうやけ子どもクラブ」を追いかけたドキュメンタリー映画『ゆうやけ子どもクラブ!』の公開を記念して、佐賀県鹿島市出身の井手洋子監督をお招きしてのトークイベントのライブ配信を行います。
 映画の制作秘話をお聞きしながら、さがすたいるが目指す、子どもたちに寄り添う場所づくり、みんなが暮らしやすい街づくりについて考えます。ぜひご視聴下さい!

 配信日時:10/25 (日) 14:00~15:00
 視聴方法:YouTubeにてライブ配信を行います(アカウントの登録などは不要です。)
      ⇒ https://youtu.be/-5Xi27DAosU
 料金:無料でご視聴いただけます。(お使いの環境によっては、通信料が発生する場合がありますので、Wi-Fi環境が整った場所での視聴をおすすめ致します。)

 ※オンラインでの参加が難しい方はシアターシエマ(末尾のお問合せ先)まで個別にご相談下さいませ。

★トークゲスト:井手洋子 監督
佐賀県鹿島市出身。1984年より映像製作に従事。布川事件を追いかけたドキュメンタリー「ショージとタカオ」を劇場公開し、2011年度文化庁映画賞 文化記録映画部門大賞、2010年第84回キネマ旬報ベストテン文化映画部門第1位、2011年釜山国際映画祭アジア部門最優秀ドキュメンタリー賞、など国内外で高い評価を得た。「故郷の海、有明海は今どうなっているのか?」長い間の思いを胸に、2011年秋より記録映画を目指し、故郷鹿島市を中心に、自己資金にて撮影をスタートさせる。故郷の海と並行して、2017年夏から、東京小平市のゆうやけ子どもクラブより依頼されたのをきっかけに、障害のある子どもの放課後支援のことを知り、撮影を始めた。未知の分野だったが、自分と同じように知らない人たちに、ゆうやけ子どもクラブの、かけがえのない子どもたちの時間を知ってもらいたい思いで映画にした。

◎司会進行:内田勝也 さん
1989年10月佐賀市に生まれる。生まれつき「骨形成不全症」という骨が脆く骨折がしやすい病気を持って生まれ、これまで150回以上の骨折と20回以上の手術を乗り越えながら毎日笑顔で生活を送っている。障がいがあることを悔やむのではなく私たちの目線で気づくことを伝えていき、ハードとハートの両面からのバリアフリーをここ佐賀から進めていきたいと思い、○○な障がい者の会を立ち上げ、講演活動やラジオパーソナリティなど精力的に活動を行っている。

◆パネリスト:
 NPO法人佐賀県放課後児童クラブ連絡会 理事長 石橋裕子さん
 社会福祉法人はる 代表 福島龍三郎さん

【映画『ゆうやけ子どもクラブ!』について】
 京都小平市にある「ゆうやけ子どもクラブ」は、障がいのある子どもの夏休みや放課後の活動場所が欲しいという親の切実な願いを受けて1978年に誕生した。全国でも放課後活動の草分け的な存在として、遊びや生活を通して、子どもたちの内面に迫る活動を創り上げてきた。
 自分の気持ちをうまく表現できないガク君。積み木に夢中になって子どもたちの輪になかなか入ることができないヒカリ君。音に敏感すぎるカンちゃんは、ずっと給湯室にこもっている。カメラは、そんな彼らが時間をかけてゆっくりと変っていく姿を追いかける…。子どもたちにとって大切なことは何か。映画は、ゆうやけ子どもクラブでの子どもたちの時間を描き、問いかける。
 <公式HP> https://www.yuyake-kodomo-club.com/

 10/16(金)よりシアター・シエマにて上映!
 上映時間:
  10/16(金)~10/22(木) 9:20~/14:15~
  10/23(金)~10/29(木) 9:20~/15:45~
  ※10/30(金)以降の時間は決まり次第お知らせいたします。

お問い合せ先:シアター・シエマ 
佐賀市松原2-14-16 セントラルプラザ3F
電話 0952-27-5116

開催日(期間) 令和2年10月25日(日曜日)14時~15時
開催場所 シアター・シエマ(佐賀市松原2-14-16 セントラルプラザ3F)
地図
アクセス <最寄駅のJR佐賀駅から>
・徒歩の場合:南口から徒歩約20分
・タクシー利用の場合:乗車約5分
駐車場 駐車場はございませんので、車でお越しの場合は、近隣のパーキングエリアをご利用下さい